キュート先生の『肺癌勉強会』

肺癌に関連するニュースや研究結果、日常臨床の実際などわかりやすく紹介

【CheckMate227】ついに承認!IOIOコンビネーション!進行非小細胞肺がんに対するニボルマブ+イピリムマブ併用療法

肺癌, 肺癌勉強会, ニボルマブ, イピリムマブ, オプジーボ, ヤーボイ, CheckMate227

『Nivolumab plus Ipilimumab in Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer』(NEJM 2019;381:2020)より

まとめ

  • 進行非小細胞肺がんにおいてPD-L1発現率に関わらず、ニボルマブ+イピリムマブ併用療法が化学療法と比較して全生存期間を延長

要約

〇進行非小細胞肺がんに対する先行研究ではPD-L1が発現する症例においてニボルマブ+イピリムマブ併用療法がニボルマブ単剤よりも奏効率が高かった。

〇非小細胞肺がんにおけるニボルマブ+イピリムマブの長期的な効果を評価するためのデータが必要である。

〇本研究『CheckMate227試験』は、オープンラベル、第3相試験で、IV期または再発性の非小細胞肺がんにおいてPD-L1≧1%の症例を

 -ニボルマブ+イピリムマブ併用療法群

 -ニボルマブ単剤群

 -化学療法群

に1:1:1の割合で無作為に割り付けた。

〇PD-L1<1%の症例を

 -ニボルマブ+イピリムマブ併用療法群

 -ニボルマブ+化学療法併用群

 -化学療法単独群

に1:1:1で無作為に割り付けた。

〇どの症例でも過去の化学療法は行われていなかった。

〇主要評価項目はPD-L1≧1%症例での化学療法と比べたニボルマブ+イピリムマブ併用療法群での全生存期間とした。

PD-L1≧1%の症例において全生存期間の中央値は

 -ニボルマブ+イピリムマブ群併用療法 17.1 ヵ月(95%CI:15.0-20.1)

 -化学療法群 14.9 ヵ月(95%CI:12.7-16.7)

であり(p=0.007)、2 年全生存率は40.0%、32.8%であった。

〇奏効期間の中央値は

 -ニボルマブ+イピリムマブ併用療法群 23.2 ヵ月

 -化学療法群 6.2 ヵ月

であった。

〇PD-L1<1%の症例でも

 -ニボルマブ+イピリムマブ併用療法群 17.2カ月

 -化学療法群 12.2カ月

であった。

〇全症例での全生存期間の中央値は

 -ニボルマブ+イピリムマブ併用療法群 17.1 ヵ月

 -化学療法群 13.9 ヵ月

であった。

〇グレード 3/4治療関連有害事象は

 -ニボルマブ+イピリムマブ群 32.8%

 -化学療法群 36.0%

であった。

〇非小細胞肺がんの1次治療においてニボルマブ+イピリムマブ併用療法は化学療法と比べ、PD-L1の発現にかかわらず全生存期間が延長した。

キュート先生の視点

2018年のNEJMでは『CheckMate227試験』において、非小細胞肺がんのTMB別に無増悪生存期間PFSが比較されたニボルマブ+イピリムマブ併用療法の効果が報告されました。

そしてOSの結果を報告した本研究の結果をもって、新しく改訂されました『肺癌診療ガイドライン2020年度版』においてもこの「ニボイピ療法」がPD-L1の発現に関わらずガイドラインに記載されましたので、2019年のこのNEJMを読み返してみました。

現状の肺がん診療においては、PD-L1≧50%の症例に対してはぺムブロリズマブ単剤療法も広く使用されておりますし、PD-L1発現率に関わらず、ぺムブロリズマブやアテゾリズマブを併用した複合免疫療法で治療が行われていることと考えます。

進行非小細胞肺がんの1次治療での免疫治療や複合免疫療法もかなり複雑になってきましたので、簡単にまとめさせて頂きました。

肺癌, 肺癌勉強会, 非小細胞肺がん, 免疫治療, CheckMate227, CheckMate9LA

[図:進行非小細胞肺がんの1次治療における免疫療法(キュート先生作成)]

このニボルマブ+イピリムマブ併用療法が非小細胞肺がんの1次治療のどのような症例に対して効果を発揮するかはまた今後よく検討する必要があります。

論文中の生存曲線を見て頂ければ気づくと思いますが、治療早期に化学療法群とカーブがクロスしてしまっていることは大変気になるところであり、今後報告されるであろう『CheckMate9LA試験』のニボルマブ+イピリムマブ+化学療法の論文化も待たれるところです。

ブログ『肺癌勉強会』でも、非小細胞肺がんの1次治療については今後も常に勉強を続けていきたいと考えています。

肺がんにニボルマブ+イピリムマブ併用療法が適応追加

肺癌, 肺癌勉強会, ニボルマブ, オプジーボ, nivolumab, イピリムマブ, ヤーボイ, ipilimumab

非小細胞肺がん治療にイピニボ

11月27日に非小細胞肺がんの治療に

 ①ニボルマブ+イピリムマブ併用療法

 ②ニボルマブ+イピリムマブ+プラチナ併用化学療法

 ③ニボルマブ+プラチナ併用化学療法

の3種類の治療法が適応追加となりました。

①③の治療法については『CheckMate227試験』の結果から、②の治療法については『CheckMate9LA試験』の結果を受けての承認になります。

イピリムマブ(ヤーボイ)

イピリムマブはCTLA-4に結合するヒトモノクローナル抗体です。

CTLA-4はT細胞の活性化を抑制する因子で、イピリムマブと結合することによりCD80/CD86の相互作用を阻害します。

CTLA-4のシグナル伝達を抑制することによりTregの機能が低下し、T細胞全体の反応が増加する可能性が指摘されています。

 

日本では2015年に悪性黒色腫での使用が承認されていますが、肺がんに対しては初めての承認となります。

 

今後、臨床試験データを読み込み、多くの専門家の意見も踏まえつつ、非小細胞肺がんの1次治療でこれらの併用療法が他の化学療法や免疫療法との組み合わせと、どう使い分けるのかについてさらに踏み込んで勉強していきたいと考えています。

全がん種 10年生存率 58%(国立がん研究センターの報告より)

肺癌, 肺癌勉強会, がん, 生存率

国立がん研究センターは全国がんセンター協議会と協力し、加盟32施設の診断治療症例について部位別に「5年生存率」「10年生存率」を集計し一般公開しました。

今回の公表のポイントは

-部位別5年生存率について、2010年から2012年に診断治療を行った148,226症例を集計。


-2010年から2012年症例、全部位の5年相対生存率は68.6%(前回、2009年から2011年症例68.4%)。


-部位別10年生存率について、2004年から2007年に診断治療を行った94,392症例を集計。現在、10年生存率の算出と公開を行っているのは同研究班によるもののみ。


-2004年から2007年症例、全部位の10年相対生存率は58.3%(前回、2003年から2006年症例57.2%)。


-1年から10年までの生存率年次推移を、がん種、病期、治療法など様々な条件設定で検索が可能なグラフデータベースKapWeb も更新。(注:6年から10年生存率は一部の期間のみ)


-部位別生存率において、相対生存率に加え、実測生存率も提示。

がん患者94000人の調査で10年後の生存率は全がん種で58.3%と上昇。

肺がんは全ての病期をひっくるめて

 ▶︎5年生存率 46.5%

 ▶︎10年生存率 32.4%

との結果でした。

これからもがん研究が進み、がんの予防、がんに対する治療薬の開発、がんに対する治療戦略の向上、がんの症状や治療に伴う補助療法の発展など、がんで苦しむ方が一人でも減りますように・・・

知ってる?タバコに隠された9つの秘密

肺癌, 肺癌勉強会, タバコ, 喫煙, タバコの秘密

タバコに隠された9つの秘密

『新型タバコの本当のリスク』の著者であり、多くの学会でタバコ対策専門委員の1人である大阪国際がんセンター 田淵貴大先生に教えて頂きました。

紙巻きタバコには、タバコが吸いやすくなるような、依存性が自然に高められるような工夫が意図的になされています。

どのような秘密が隠されているのか、一緒に見て頂ければ幸いです。

肺癌, 肺癌勉強会, 禁煙, 肺癌リスク, タバコ, 喫煙

①気管支の拡張

添加された化学物質が空気の通り道(気道)を広げ、タバコの煙が肺に入りやすくなっています。

②ニコチンの増量

タバコの依存性を高めるため、ニコチンの吸入量が増えるようにコントロールされています。

③フレーバー

タバコにハーブやチョコなどの味を加え、煙によるイガイガ感を隠すことで魅力的な製品に見せるように作られています。

④ニトロソアミン

タバコには非常に高い発がん性を持つニトロソアミンが含まれます。

⑤アンモニア

タバコにはアンモニアが含まれており、ニコチンが脳に届くスピードを高める働きをしています。

⑥メンソール

ノドを冷やし、麻痺させ、刺激を弱めるためにタバコにはメンソールが添加され、吸いやすくなっている。

⑦フィルター空気口

フィルターには空気口が開けられおり、喫煙者はより勢いよく煙を吸い込むようになり、肺の奥まで届くようになっている。

⑧砂糖とアセトアルデヒド

砂糖を加えることでタバコの煙を吸入しやすくなり、生成されたアセトアルデヒドはニコチンの依存性を高める。

⑨レブリン酸

ニコチンのキツさを和らげるため、添加された有機酸塩により刺激が少なくなり吸いやすくなっている。

タバコは喫煙者がタバコをたくさん、長い期間吸い続けられるように、計画的に作られています。

喫煙がタバコを吸う本人にとって悪いモノ

「タバコが喫煙者にとって悪いモノ」であることはよく知られています。

それはタバコを吸っている人が一番よく分かって吸っていらっしゃいます。

しかしながら周りにいる人が受ける悪影響を軽く考えていませんか?

喫煙は本人だけの問題ではなく、周りの方の健康被害、受動喫煙の害も理解し、煙のない社会を考えてみて下さい。

▼インスタグラム キュート先生の『インスタ医療情報』にまとめてあります。

【CodeBreak100】KRAS G12C変異を標的としたソトラシブ

肺癌, 肺癌勉強会, KRAS, ソトラシブ, sotorasib

『KRAS G12C Inhibition with Sotorasib in Advanced Solid Tumors』(NEJM 2020;383:1207)より

まとめ

  • KRAS G12C変異を標的としたソトラシブはグレード3/4の有害事象を11.6%が報告されたが、肺がんで32.2%、大腸がんで7.1%の奏効率を認めた。

要約

〇KRAS変異を標的とするがん治療薬で承認されているものは現時点で存在しない。

〇KRAS pG12C変異は非小細胞肺がんの13%、大腸がんやその他のがん種の1-3%に認められる。

〇ソトラシブはKRAS G12C変異を選択的、不可逆的に標的とする分子標的薬である。

〇KRAS pG12C変異をもつ進行固形がん症例に対してソトラシブの第1相試験を行い、ソトラシブを1日1回内服させた。

〇主要評価項目は安全性、副次評価項目は薬物動態とRECIST v1.1で評価した奏効率とした。

〇全129例(非小細胞肺がん 59例、大腸がん 42例、その他 28例)を用量漸増コホートと拡大コホートに登録した。

〇転移性のがんに対する前治療のレジメン回数の中央値は3であった。

〇用量による毒性や治療関連死は認められなかった。

〇56.6%に治療関連有害事象を認め、11.6%はグレード3/4であった。

非小細胞肺がんで

 -奏効率 32.2%

 -病勢コントロール率 88.1%

 -無増悪生存期間の中央値 6.3カ月(0.0-14.9カ月)

であった。

〇大腸がんで

 -奏効率 7.1%

 -病勢コントロール率 73.8%

 -無増悪生存期間の中央値 4.0カ月(0.0-11.1カ月)

であった。

〇膵がん、子宮内膜がん、虫垂がん、悪性黒色腫の症例でも奏功を認めた。

キュート先生の視点

先日開催された『肺癌学会2020』でもインターナショナルシンポジウムでKRAS変異について台湾大学のジェームスヤン先生が講演されていましたので、改めて勉強しました。

非小細胞肺がんの13%に認められるKRAS G12C変異は今まで全く治療薬のない種類のがんであり、なくなく殺細胞性抗癌剤を繰り返し行っている状況でした。

この数年で免疫治療が登場したことにより、少しだけ戦えるようになってきましたが、EGFRやALKのような画期的な分子標的薬のある症例と異なり、免疫治療の効果が薄い症例には厳しい経過を辿らざるを得ない状況でした。

今回の『CodeBreak100試験』は第1相試験ですが、今後第2相、3相試験が行われ、早くに実臨床で治療に活かされることを望んでいます。KRAS変異症例は数多くいらっしゃるはずですので・・・。