キュート先生の『肺癌勉強会』

肺癌に関連するニュースや研究結果、日常臨床の実際などわかりやすく紹介

治療 免疫療法

【NivoCUP】画期的!既治療の原発不明がんに対しニボルマブは奏効率22.2%

『Open-Label Phase II Study of the Efficacy of Nivolumab for Cancer of Unknown Primary』(Ann Oncol 2021, Accepted 21 Nov. 2021)より まとめ 既治療の原発不明がんに対しニボルマブは奏効率22.2% 要約 〇原発不明がん(cancer of unknown primary :…

【CheckMate743】待っていました!悪性胸膜中皮腫の1次治療にもニボイピ!

『First-line nivolumab plus ipilimumab in unresectable malignant pleural mesothelioma (CheckMate 743): a multicentre, randomised, open-label, phase 3 trial』(Lancet 2021;397:375)より まとめ 悪性胸膜中皮腫の1次治療としてニボルマブ+イピリ…

【TASUKI-52】ニボルマブの新しいエビデンス! ”NIVO”BCP治療は非扁平上皮非小細胞肺がんの1次治療で無増悪生存期間12.1カ月

『Nivolumab with carboplatin, paclitaxel, and bevacizumab for first-line treatment of advanced non-squamous non-small cell lung cancer』(Ann Oncol 2021, in press)より まとめ ”NIVO”BCP治療は非扁平上皮非小細胞肺がんの1次治療でPFS 12.1カ月 …

【KEYNOTE799】キイトルーダ!お前もか!局所進行ステージ3非小細胞肺癌に対するケモラジペンブロ!

『Pembrolizumab Plus Concurrent Chemoradiation Therapy in Patients With Unresectable, Locally Advanced, Stage III Non–Small Cell Lung Cancer -The Phase 2 KEYNOTE-799 Nonrandomized Trial-』(JAMA Oncol 2021, published on Jun. 4)より まとめ…

PD-L1 90-100%の超高発現群はぺムブロリズマブの奏効率・無増悪生存期間・全生存期間が良好

『Outcomes to first-line pembrolizumab in patients with non-small-cell lung cancer and very high PD-L1 expression』(Ann Oncol 2019;30:1653)より まとめ PD-L1発現率90-100%の超高発現群は50-89%の群と比較して奏効率、無増悪生存期間、全生存期間…

【Medical Tribune 連載第37回目】PD-L1高発現ってEGFR陽性肺がんでは予後不良因子?

『Relationship between PD-L1 expression and outcome in EGFR-mutant lung cancer patients treated with EGFR tyrosine kinase inhibitors』(Lung Cancer 2021;155:28)より 医療情報サイト『Medical Tribune』に論文レビューを寄稿しました。 キュート…

【KEYNOTE024 5年フォロー】PD-L1発現率50%以上の非小細胞肺がんに対するぺムブロリズマブの5年生存率 31.9%!

『Five-Year Outcomes With Pembrolizumab Versus Chemotherapy for Metastatic Non–Small-Cell Lung Cancer With PD-L1 Tumor Proportion Score≧50%』(JCO 2021, published at April 19)より まとめ PD-L1 TPS 50%以上の非小細胞肺がんでぺムブロリズマブ…

間質性肺炎のある肺がんに対する免疫治療の臨床的効果

『Non-inferior clinical outcomes of immune checkpoint inhibitors in non-small cell lung cancer patients with interstitial lung disease』(Lung Cancer 2021;155:120)より まとめ 間質性肺炎のある非小細胞肺がんに対する免疫治療は間質性肺炎のな…

【EMPOWER-Lung1】PD-L1 50%以上の非小細胞肺がんに対する抗PD-1抗体の効果

『Cemiplimab monotherapy for first-line treatment of advanced non-small-cell lung cancer with PD-L1 of at least 50%: a multicentre, open-label, global, phase 3, randomised, controlled trial』(Lancet 2021;397:592)より まとめ PD-L1 50%以上…

【KEYNOTE598】残念!PD-L1高発現の未治療非小細胞肺がんに対しぺムブロリズマブにイピリムマブの上乗せ効果なし

『Pembrolizumab Plus Ipilimumab or Placebo for Metastatic Non–Small-Cell Lung Cancer With PD-L1 Tumor Proportion Score ≧ 50%: Randomized, Double-Blind Phase III KEYNOTE-598 Study』(JCO 2021 published Jan. 29 2021)より まとめ PD-L1高発現…

【IMpower133, UPDATE】進展型小細胞肺がんに対するアテゾリズマブ+カルボプラチン+エトポシド併用療法

『Updated Overall Survival and PD-L1 Subgroup Analysis of Patients With Extensive-Stage Small-Cell Lung Cancer Treated With Atezolizumab, Carboplatin, and Etoposide (IMpower133)』(JCO 2021, published on Jan 13, 2021)より まとめ 進展型小…

ペメトレキセド5サイクル以上投与できた症例でもぺムブロリズマブ追加でPFS有意に延長

『Pemetrexed maintenance with or without pembrolizumab in non-squamous non-small cell lung cancer: A cross-trial comparison of KEYNOTE-189 versus PARAMOUNT, PRONOUNCE, and JVBL』(Lung Cancer 2021;151:25)より まとめ ペメトレキセド5サイク…

テセントリクもか!未治療PD-L1高発現非小細胞肺がんに対してテセントリク単剤承認取得

未治療PD-L1高発現非小細胞肺がんに対してテセントリク単剤承認取得 12月25日に「PD-L1高発現の進行非小細胞肺がんを対象にテセントリク単剤治療が承認」されたとのことです。 もともと抗PD-L1抗体であるアテゾリズマブは進行非小細胞肺がんに対しては『IMpo…

【CheckMate227】ついに承認!IOIOコンビネーション!進行非小細胞肺がんに対するニボルマブ+イピリムマブ併用療法

『Nivolumab plus Ipilimumab in Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer』(NEJM 2019;381:2020)より まとめ 進行非小細胞肺がんにおいてPD-L1発現率に関わらず、ニボルマブ+イピリムマブ併用療法が化学療法と比較して全生存期間を延長 要約 〇進行非小細胞…

肺がんにニボルマブ+イピリムマブ併用療法が適応追加

非小細胞肺がん治療にイピニボ 11月27日に非小細胞肺がんの治療に ①ニボルマブ+イピリムマブ併用療法 ②ニボルマブ+イピリムマブ+プラチナ併用化学療法 ③ニボルマブ+プラチナ併用化学療法 の3種類の治療法が適応追加となりました。 ①③の治療法については『Che…

【Medical Tribune連載 第34回】免疫チェックポイント阻害薬による治療関連肺臓炎の予測に好酸球は使えるか

『Association of baseline peripheral-blood eosinophil count with immune checkpoint inhibitor-related pneumonitis and clinical outcomes in patients with non-small cell lung cancer receiving immune checkpoint inhibitors』(Lung Cancer 2020;1…

まぢっ?免疫治療って副作用が起こった方が効果が高いの?

『Multisystem Immune-Related Adverse Events Associated With ImmuneCheckpoint Inhibitors for Treatment of Non–Small Cell Lung Cancer』(JAMA Oncol 2020, Published Oct. 29)より まとめ 免疫関連有害事象を認めた群が有害事象がなかった群に比べて…

『肺癌患者におけるPD-L1検査の手引き』第2.0版 公開

『肺癌患者におけるPD-L1検査の手引き 第2.0版』 日本肺癌学会バイオマーカー委員会より。 『肺癌患者におけるPD-L1検査の手引き 第2.0版』が公開されました。 主な変更点は ■がん免疫治療についての概説を省き、承認状況をまとめて記載した。 ■抗 PD-1 抗体…

免疫治療と放射線治療の併用で無増悪生存期間も全生存期間も延長

『Pembrolizumab with or without radiotherapy for metastatic non-small-cell lung cancer: a pooled analysis of two randomised trials』(Lancet Respir Med 2020, published on Oct.20)より まとめ ぺムブロリズマブと放射線治療の併用でPFS/OSいずれ…

【NADIM】ステージIIIA非小細胞肺がんの周術期ニボルマブで24カ月時点での無増悪生存率は77.1%

『Neoadjuvant chemotherapy and nivolumab in resectable non-small-cell lung cancer (NADIM): an open-label, multicentre, single-arm, phase 2 trial』(Lancet Oncol 2020)より まとめ ステージIIIA非小細胞肺がんの周術期ニボルマブで24カ月時点での…

【Medical Tribune連載 第33回】PD-L1未発現でもぺムブロリズマブ併用化学療法は化学療法単独より有効

『Pembrolizumab plus chemotherapy versus chemotherapy alone in patients with advanced non-small cell lung cancer without tumor PD-L1 expression: a pooled analysis of 3 randomized controlled trials』(Cancer 2020)より 医療情報サイト『Medic…

【KEYNOTE407, Final】未治療進行扁平上皮肺がんに対するぺムブロリズマブ併用化学療法の全生存は17.1カ月

『A Randomized, Placebo-Controlled Trial of Pembrolizumab Plus Chemotherapy in Patients With Metastatic Squamous NSCLC: Protocol- Specified Final Analysis of KEYNOTE-407』(JTO 2020;15:1657)より まとめ 未治療進行扁平上皮肺がんに対するぺム…

【IMpower110】PD-L1高発現の未治療進行非小細胞肺がんに対しアテゾリズマブ単剤でも化学療法より上を行く

『Atezolizumab for First-Line Treatment of PD-L1–Selected Patients with NSCLC』(N Engl J Med 2020;383:1328)より まとめ PD-L1高発現非小細胞肺がんの1次治療でアテゾリズマブ単剤で全生存期間20.1カ月 要約 〇転移性非小細胞肺がんの1次治療として…

非小細胞肺がんの脳転移に対するぺムブロリズマブ単剤の奏効率は29.7%

『Pembrolizumab for management of patients with NSCLC and brain metastases: long-term results and biomarker analysis from a non-randomised, open-label, phase 2 trial』(Lancet Oncol 2020;21:655)より まとめ 無症候性脳転移に対するぺムブロリ…

【TORG1936/AMBITIOUS】間質性肺炎、特に蜂巣肺を認める非小細胞肺がんに対するアテゾリズマブは慎重に

『A Phase 2 Study of Atezolizumab for Pretreated NSCLC With Idiopathic Interstitial Pneumonitis』(J Thoracic Oncol 2020)より まとめ 間質性肺炎を併存する非小細胞肺がんに対するアテゾリズマブの肺臓炎の有害事象の頻度は29.4% 要約 〇間質性肺炎…

【書評】チームで取り組む 免疫チェックポイント阻害薬治療

【これは読もう】『チームで取り組む 免疫チェックポイント阻害薬治療』著者の1人 おうちゃん先生@ouyamagu から紹介頂きました#中外医学社 pic.twitter.com/fgC6oECKsX — キュート先生呼吸器内科医 (@cutetanaka) 2019年10月26日 書評 現在、多くのがん種で…

【DREAM】未治療悪性胸膜中皮腫に対するデュルバルマブ+プラチナ+ペメトレキセド療法の6カ月無増悪生存率は57%

『Durvalumab with first-line chemotherapy in previously untreated malignant pleural mesothelioma (DREAM): a multicentre, single-arm, phase 2 trial with a safety run-in』(Lancet Oncol 2020;21:1213)より まとめ 未治療悪性胸膜中皮腫に対する…

【Oncology Tribune 連載32回目】PS不良でも高齢でもニボルマブは使用可能?

『CheckMate 171: A phase 2 trial of nivolumab in patients with previously treated advanced squamous non-small cell lung cancer, including ECOG PS 2 and elderly populations』(Eur J Cancer 2020;127:160)より 医療情報サイト『Oncology Tribune…

【CheckMate153】進行非小細胞肺がんのニボルマブは継続すべし

『Continuous Versus 1-Year Fixed-Duration Nivolumab in Previously Treated Advanced Non–Small-Cell Lung Cancer: CheckMate 153』(JCO 2020, Published online Sep. 10, 2020.)より まとめ 進行非小細胞肺がんに対しニボルマブは1年でやめるよりも継…

全ての適応症に対して「キイトルーダ®6週間間隔投与」が承認

『A six-weekly dosing schedule for pembrolizumab in patients with cancer based on evaluation using modelling and simulation』(Eur J Cancer 2020;131:68)より まとめ 「ぺムブロリズマブ400mgの6週間隔投与」の有効性と安全性は「200mgまたは2mg/k…