キュート先生の『肺癌勉強会』

肺癌に関連するニュースや研究結果、日常臨床の実際などわかりやすく紹介

治療 分子標的薬

【進行肺がんにオペ?】進行期EGFR陽性肺腺がんに対するTKI治療後の手術は予後を延ばす

『Thoracic surgery improved overall survival in patients with stage IIIB–IV epidermal growth factor receptor-mutant lung adenocarcinoma who received and responded to tyrosine kinase inhibitor treatment』(Lung Cancer 2021;162:29) まとめ E…

【CHRYSALIS】ついに!EGFRエクソン20挿入変異に対するアミバンタマブの奏効率は40%!

Amivantamab in EGFR Exon 20 Insertion–Mutated Non–Small-Cell Lung Cancer Progressing on Platinum Chemotherapy: Initial Results From the CHRYSALIS Phase I Study(JCO, published on Aug. 2, 2021)より まとめ EGFRエクソン20挿入変異陽性の非小細…

リアルワールドデータ!2次治療以降オシメルチニブ投与後の間質性肺臓炎

『Real-World Evaluation of Factors for Interstitial Lung Disease Incidence and Radiologic Characteristics in Patients With EGFR T790M– positive NSCLC Treated With Osimertinib in Japan』(JTO 2020;15:1893)より まとめ 過去のニボルマブ投与歴…

【CodeBreaK100】KRAS G12C変異のある非小細胞肺がんに対するソトラシブの奏効率 37.1%

『Sotorasib for Lung Cancers with KRAS p.G12C Mutation』(NEJM 2021, published on Jun. 4)より まとめ KRAS G12C変異のある非小細胞肺がんに対するソトラシブの奏効率は37.1% 要約 〇ソトラシブは第1相試験においてKRAS pG12C変異のある進行固形がんに…

【UVEA-Brig】ALK阻害薬により既治療のALK陽性転移性非小細胞肺がんに対するブリグチニブのリアルワールドデータ

『Real-world treatment outcomes with brigatinib in patients with pretreated ALK+ metastatic non-small cell lung cancer』(Lung Cancer 2021;157:9)より まとめ ALK阻害薬で既治療のALK陽性転移性非小細胞肺がんにおいて、ブリグチニブは奏効率 39.8…

【Medical Tribune 連載第37回目】PD-L1高発現ってEGFR陽性肺がんでは予後不良因子?

『Relationship between PD-L1 expression and outcome in EGFR-mutant lung cancer patients treated with EGFR tyrosine kinase inhibitors』(Lung Cancer 2021;155:28)より 医療情報サイト『Medical Tribune』に論文レビューを寄稿しました。 キュート…

ロルラチニブは第2世代ALK-TKIで治療されたALK陽性非小細胞肺がんにおいても高い抗腫瘍効果

『Intracranial and extracranial efficacy of lorlatinib in patients with ALK-positive non-small-cell lung cancer previously treated with second-generation ALK TKIs』(Ann Oncol 2021;32:620)より まとめ ロルラチニブは第2世代ALK-TKIで治療され…

【Medical Tribune 連載第36回目】高齢者にもアファチニブって使ってる?

『A phase II study of first-line afatinib for patients aged ≥75 years with EGFR mutation-positive advanced non-small cell lung cancer: North East Japan Study Group trial NEJ027』(BMC Cancer 2021;21:208)より 医療情報サイト『Medical Tribun…

【ALKA-372-001, STARTRK-1, -2】ROS1陽性非小細胞肺がんに対するエヌトレクチニブ(ロズリートレク®)の奏効率67.1%

『Updated Integrated Analysis of the Efficacy and Safety of Entrectinib in Locally Advanced or Metastatic ROS1 Fusion–Positive Non–Small-Cell Lung Cancer』(JCO 2021, published on Mar. 1)より まとめ ROS1再構成陽性非小細胞肺がん対してエヌ…

ALK陽性非小細胞肺がんにブリグチニブ(アルンブリグ®)が製造販売承認

ALK陽性非小細胞肺がんにブリグチニブが製造販売承認 1月22日の武田薬品工業のプレスリリースです。 プレスリリースによると、 アルンブリグ®錠30㎎、90㎎(一般名:ブリグチニブ、開発コード:AP26113、以下「アルンブリグ」)について、ALK融合遺伝子陽性…

【WJOG9516L】ALK陽性肺がんに対するクリゾチニブ→アレクチニブ逐次治療と初回アレクチニブの比較

『Sequential therapy of crizotinib followed by alectinib for non-small cell lung cancer harbouring anaplastic lymphoma kinase rearrangement (WJOG9516L): A multicenter retrospective cohort study』(Eur J Cancer 2021;145:183)より まとめ ク…

【WJOG8715L】EGFR T790M変異陽性肺がんに対するオシメルチニブ+ベバシズマブ併用療法の第2相試験

『Efficacy of Osimertinib Plus Bevacizumab vs Osimertinib in Patients With EGFR T790M–Mutated Non–Small Cell Lung Cancer Previously Treated With Epidermal Growth Factor Receptor–Tyrosine Kinase Inhibitor West Japan Oncology Group 8715L Pha…

やはり効果は乏しいか…エクソン20ins変異に対するオシメルチニブ62例の報告

『Osimertinib for Chinese advanced non-small cell lung cancer patients harboring diverse EGFR exon 20 insertion mutations』(Lung Cancer 2021;152:39)より まとめ EGFR Ex20Ins変異のある非小細胞肺がんに対するオシメルチニブの奏効率は6.5% 要約…

【Medical Tribune連載 第35回】日本人データも出ました!ALK陽性既治療肺がんでのブリガチニブ

医療情報サイト『Medical Tribune』に記事を寄稿しました。 ALK陽性既治療肺がんでのブリガチニブ 第35回の論文レビューに選んだ論文は 『Brigatinib in Japanese Patients With ALK-Positive Non-Small Cell Lung Cancer Previously Treated With Alectinib…

やっぱアファかオシメか・・・EGFRアンコモン変異陽性非小細胞肺がんの実臨床

『Treatment of Patients With Non-small-cell Lung Cancer With Uncommon EGFR Mutations in Clinical Practice』(Anticancer Res 2020;40:5757)より まとめ アンコモン変異のあるEGFR陽性非小細胞肺がんでは第2世代EGFR-TKIが化学療法よりも長い生存と関…

【GioTag】EGFR陽性非小細胞肺がんに対するアファチニブ→オシメルチニブ治療の最終結果

『Sequential afatinib and osimertinib in patients with EGFR mutation-positive non-small-cell lung cancer: final analysis of the GioTag study』(Future Oncol 2020)より まとめ EGFR陽性非小細胞肺がんに対するGioTag療法の最終OSは37.6カ月 要約 …

【CodeBreak100】KRAS G12C変異を標的としたソトラシブ

『KRAS G12C Inhibition with Sotorasib in Advanced Solid Tumors』(NEJM 2020;383:1207)より まとめ KRAS G12C変異を標的としたソトラシブはグレード3/4の有害事象を11.6%が報告されたが、肺がんで32.2%、大腸がんで7.1%の奏効率を認めた。 要約 〇KRAS…

【CROWN】未治療ALK陽性肺がんに対するロルラチニブは良好な無増悪生存と頭蓋内病変への圧倒的な効果

『First-Line Lorlatinib or Crizotinib in Advanced ALK-Positive Lung Cancer』(NEJM 202;383:2018)より まとめ 未治療ALK陽性非小細胞肺がんでロルラチニブはクリゾチニブに比べ良好な無増悪生存期間と高い頭蓋内病変への効果を示した。 要約 〇ALKに対…

知らなかった!L858R変異は独立した脳転移のリスク因子

『Survival outcomes and symptomatic central nervous system (CNS) metastasis in EGFR-mutant advanced non-small cell lung cancer without baseline CNS metastasis: Osimertinib vs. first-generation EGFR tyrosine kinase inhibitors』(Lung Cancer…

【AURA3, Final】2次治療以降のEGFR陽性非小細胞肺がんでのオシメルチニブは全生存に差がつけられなかった

『Osimertinib versus platinumepemetrexed for patients with EGFR T790M advanced NSCLC and progression on a prior EGFR-tyrosine kinase inhibitor: AURA3 overall survival analysis』(Ann Oncol 2020;31:1536)より まとめ 2次治療以降のオシメルチ…

【ADAURA】完全切除後のステージIB/IIIAのEGFR陽性非小細胞肺がんにおいてオシメルチニブは無病生存期間を延長

『Osimertinib in Resected EGFR-Mutated Non–Small-Cell Lung Cancer』(NEJM 2020, published on Sep.19 2020)より まとめ 完全切除後のステージII/IIIAのEGFR陽性非小細胞肺がんにおいてオシメルチニブは無病生存期間を圧倒的に延長する 要約 〇オシメル…

ALK阻害薬で治療歴のある日本人ALK陽性肺がんに対してロルラチニブ(ローブレナ®)の奏効率54.8%

『Lorlatinib in previously treated anaplastic lymphoma kinaserearranged non–small cell lung cancer: Japanese subgroup analysis of a global study』(Cancer Sci 2020;00:1-13)より まとめ ALK阻害薬で既治療の日本人ALK陽性肺がんに対してロルラチ…

【GLASS】ALK陽性肺癌・ROS1陽性肺癌に対するロルラチニブのリアルワールドデータ

『GLASS: Global Lorlatinib for ALK(+) and ROS1(+) retrospective Study: real world data of 123 NSCLC patients』(Lung Cancer2020;148:48)より まとめ ロルラチニブはALKあるいはROS1陽性非小細胞肺癌に対し頭蓋内病変もそれ以外の病変に対しても効果…

【LIBRETTO-001】RET融合遺伝子非小細胞肺がんに対するセルペルカチニブ

『Efficacy of Selpercatinib in RET Fusion–Positive Non–Small-Cell Lung Cancer』(NEJM 2020;383:813)より まとめ RET融合遺伝子陽性非小細胞肺癌に対してプラチナ併用化学療法後のセルペルカチニブの奏効率は64% 要約 〇RET融合遺伝子は非小細胞肺癌の…

癌性髄膜炎を併発するEGFR陽性肺がんにオシメルチニブは全生存を改善

『Osimertinib Improves Overall Survival in Patients With EGFR-Mutated NSCLC With Leptomeningeal Metastases Regardless of T790M Mutational Status』(J Thorac Oncol. 2020 Jul 9;S1556-0864(20)30505-0)より まとめ 癌性髄膜炎を併発するEGFR陽性…

日本のリアルワールドデータ T790M陽性非小細胞肺がんに対するオシメルチニブ

『Real-world use of osimertinib for epidermal growth factor receptor T790M-positive non-small cell lung cancer in Japan』(JJCO 2020;50:909)より まとめ T790M陽性非小細胞肺がんの2次治療以降でのオシメルチニブの有害事象報告は58.1% 要約 〇日…

【Oncology Tribune 連載31回目】ALK陽性非小細胞肺がんに対するブリガチニブ

『Brigatinib Versus Crizotinib in Advanced ALK Inhibitor-Naive ALK-Positive Non-Small Cell Lung Cancer: Second Interim Analysis of the Phase III ALTA-1L Trial』(J Clin Oncol 2020)より 医療情報サイト『Oncology Tribune』に論文レビューを寄…

85歳超の高齢者進行肺がんであっても諦めてはいけない

『Overall survival of super‑elderly (85 years or older) advanced non‑small cell lung cancer patients with active epidermal growth factor receptor mutations receiving first‑line gefitinib therapy: a single‑institute retrospective study』(J…

【ALEX】未治療ALK陽性非小細胞肺癌に対するアレクチニブの無増悪生存期間 34.8カ月(『ALEX試験UPDATE』)

『Updated overall survival and final progression-free survival data for patients with treatment-naive advanced ALK-positive non-small-cell lung cancer in the ALEX study』(Ann Oncol 2020;31:1056)より まとめ 未治療ALK陽性非小細胞肺癌に対す…

ROS1陽性非小細胞肺癌の1次治療としてのクリゾチニブでは3つ以上の転移があると無増悪生存期間不良

『Effectiveness and prognostic factors of first-line crizotinib treatment in patients with ROS1-rearranged non-small cell lung cancer: A multicenter retrospective study』(Lung Cancer 2020;147:130)より まとめ ROS1陽性非小細胞肺がんに対す…