キュート先生の『肺癌勉強会』

肺癌に関連するニュースや研究結果、日常臨床の実際などわかりやすく紹介

治療 分子標的薬

【NEJ009】EGFR-TKI+αの治療戦略(Medical Tribune連載より)

医療情報サイト「メディカルトリビューン」さんの連載「みんなで肺がん注目論文 徹底検証しちゃいました」の紹介です。この企画は肺がん診療に重要な論文を、第一線で活躍される先生方とわたくしキュート先生で徹底的に検証しよう、という内容になっています…

【UNICORN】EGFRアンコモン変異にオシメルチニブってどのくらい効くの?(イシヤク寄稿記事)

医師向け薬剤比較アプリ『イシヤク』内の肺癌トピックに寄稿した記事を紹介します。 UNcommon EGFR Mutations: International Case Series on Efficacy of Osimertinib in Real-Life Practice in First-LiNe Setting (UNICORN)(J Thorac Oncol 2022;S1556-0…

【新連載】エムスリー「スペシャリストの視点」RET陽性肺癌に対するセルペルカチニブのアップデート解析(寄稿記事)

新連載 エムスリー「スペシャリストの視点」 2022年も残すところ あと1日となりました。 思い返せば今年も1年間コロナに忙殺される日々でした。 このブログも日常臨床の忙しさに左右されて更新が滞っていますが、 2023年も新しいことに日々チャレンジしてい…

【動画】 ESMO2022 呼吸器領域注目の8演題(Medical Tribune寄稿動画より)

※この記事はMedical Tribune内の『Oncology Tribune』に寄稿した動画の紹介です。 ESMO 2022 呼吸器領域注目の8演題 今回は先日開催されました欧州臨床腫瘍学会(ESMO2022)から、実臨床でいますぐ活用できそうな肺がん関連演題を8つ短時間で紹介します。 ま…

【KRYSTAL-1】 KRAS遺伝子G12C変異陽性肺がんに対するアダグラシブ(イシヤク寄稿記事)

医師向け薬剤比較アプリ『イシヤク』内の肺癌トピックに寄稿した記事を紹介します。 肺癌領域でも分子標的薬の開発が日々進んでいます。近年まで研究/開発が困難とされてきたKRAS変異に対しても治療薬が登場してきました。 2013年にKRAS遺伝子G12C-GDP複合体…

【IMpower150】 EGFR陽性肺がんに対してABCPは有用か?(Medical Tribune連載より)

医療情報サイト「メディカルトリビューン」さんの連載「みんなで肺がん注目論文 徹底検証しちゃいました」の紹介です。この企画は肺がん診療に重要な論文を、第一線で活躍される先生方とわたくしキュート先生で徹底的に検証しよう、という内容になっています…

Web講演『COIなし 術後オシメの実際のところ』

本音で議論!術後オシメの実際のところ 医師向け薬剤比較アプリ「イシヤク」内の企画です。 ウェビナー「肺がん徹底討論シリーズ 」の第1弾! EGFR陽性非小細胞肺癌の術後オシメルチニブの適応拡大を受けて、『COIなし 術後オシメの実際のところ』のテーマで…

【OSI-FACT】オシメルチニブのリアルワールドを学ぼう!(イシヤク寄稿記事)

医師向け薬剤比較アプリ『イシヤク』内の肺癌トピックに寄稿した記事を紹介します。 Osimertinib as first-line treatment for advanced epidermal growth factor receptor mutation-positive non-small-cell lung cancer in a real-world setting (OSI-FACT…

【動画】 呼吸器診療最新エビデンス一点解説 ADAURA 術後補助療法 オシメルチニブ(Web医事新報チャンネルより)

動画 ADAURA 術後補助療法オシメルチニブ 皆さま。こんにちは。 日本鋼管病院 呼吸器内科の田中 希宇人と申します。 SNS上では「キュート先生」の名前で 医療情報発信を行っています。 今回は‥日本医事新報社さんの動画コンテンツとして 『キュート先生のエ…

【ADAURA】 術後化学療法の有無に関わらず術後オシメルチニブは有効

Postoperative Chemotherapy Use and Outcomes From ADAURA: Osimertinib as Adjuvant Therapy for Resected EGFR-Mutated NSCLC(J Thoracic Oncol 2021;17:423) まとめ EGFR陽性非小細胞肺癌の術後補助化学療法の有無に関わらず、術後オシメルチニブは有…

EGFR陽性非小細胞肺癌にTKIを使用しないとどうなるの?(イシヤク寄稿記事)

医師向け薬剤比較アプリ『イシヤク』内の肺癌トピックに寄稿した記事を紹介します。 EGFR陽性非小細胞肺癌にTKIを使用しない選択肢は? 基本的にあり得ません。 一般的にドライバー変異陽性非小細胞肺癌に対して、それぞれの遺伝子変異に対応する標的治療を…

【進行肺がんにオペ?】進行期EGFR陽性肺腺がんに対するTKI治療後の手術は予後を延ばす

『Thoracic surgery improved overall survival in patients with stage IIIB–IV epidermal growth factor receptor-mutant lung adenocarcinoma who received and responded to tyrosine kinase inhibitor treatment』(Lung Cancer 2021;162:29) まとめ E…

【CHRYSALIS】ついに!EGFRエクソン20挿入変異に対するアミバンタマブの奏効率は40%!

Amivantamab in EGFR Exon 20 Insertion–Mutated Non–Small-Cell Lung Cancer Progressing on Platinum Chemotherapy: Initial Results From the CHRYSALIS Phase I Study(JCO, published on Aug. 2, 2021)より まとめ EGFRエクソン20挿入変異陽性の非小細…

リアルワールドデータ!2次治療以降オシメルチニブ投与後の間質性肺臓炎

『Real-World Evaluation of Factors for Interstitial Lung Disease Incidence and Radiologic Characteristics in Patients With EGFR T790M– positive NSCLC Treated With Osimertinib in Japan』(JTO 2020;15:1893)より まとめ 過去のニボルマブ投与歴…

【CodeBreaK100】KRAS G12C変異のある非小細胞肺がんに対するソトラシブの奏効率 37.1%

『Sotorasib for Lung Cancers with KRAS p.G12C Mutation』(NEJM 2021, published on Jun. 4)より まとめ KRAS G12C変異のある非小細胞肺がんに対するソトラシブの奏効率は37.1% 要約 〇ソトラシブは第1相試験においてKRAS pG12C変異のある進行固形がんに…

【UVEA-Brig】ALK阻害薬により既治療のALK陽性転移性非小細胞肺がんに対するブリグチニブのリアルワールドデータ

『Real-world treatment outcomes with brigatinib in patients with pretreated ALK+ metastatic non-small cell lung cancer』(Lung Cancer 2021;157:9)より まとめ ALK阻害薬で既治療のALK陽性転移性非小細胞肺がんにおいて、ブリグチニブは奏効率 39.8…

【Medical Tribune 連載第37回目】PD-L1高発現ってEGFR陽性肺がんでは予後不良因子?

『Relationship between PD-L1 expression and outcome in EGFR-mutant lung cancer patients treated with EGFR tyrosine kinase inhibitors』(Lung Cancer 2021;155:28)より 医療情報サイト『Medical Tribune』に論文レビューを寄稿しました。 キュート…

ロルラチニブは第2世代ALK-TKIで治療されたALK陽性非小細胞肺がんにおいても高い抗腫瘍効果

『Intracranial and extracranial efficacy of lorlatinib in patients with ALK-positive non-small-cell lung cancer previously treated with second-generation ALK TKIs』(Ann Oncol 2021;32:620)より まとめ ロルラチニブは第2世代ALK-TKIで治療され…

【Medical Tribune 連載第36回目】高齢者にもアファチニブって使ってる?

『A phase II study of first-line afatinib for patients aged ≥75 years with EGFR mutation-positive advanced non-small cell lung cancer: North East Japan Study Group trial NEJ027』(BMC Cancer 2021;21:208)より 医療情報サイト『Medical Tribun…

【ALKA-372-001, STARTRK-1, -2】ROS1陽性非小細胞肺がんに対するエヌトレクチニブ(ロズリートレク®)の奏効率67.1%

『Updated Integrated Analysis of the Efficacy and Safety of Entrectinib in Locally Advanced or Metastatic ROS1 Fusion–Positive Non–Small-Cell Lung Cancer』(JCO 2021, published on Mar. 1)より まとめ ROS1再構成陽性非小細胞肺がん対してエヌ…

ALK陽性非小細胞肺がんにブリグチニブ(アルンブリグ®)が製造販売承認

ALK陽性非小細胞肺がんにブリグチニブが製造販売承認 1月22日の武田薬品工業のプレスリリースです。 プレスリリースによると、 アルンブリグ®錠30㎎、90㎎(一般名:ブリグチニブ、開発コード:AP26113、以下「アルンブリグ」)について、ALK融合遺伝子陽性…

【WJOG9516L】ALK陽性肺がんに対するクリゾチニブ→アレクチニブ逐次治療と初回アレクチニブの比較

『Sequential therapy of crizotinib followed by alectinib for non-small cell lung cancer harbouring anaplastic lymphoma kinase rearrangement (WJOG9516L): A multicenter retrospective cohort study』(Eur J Cancer 2021;145:183)より まとめ ク…

【WJOG8715L】EGFR T790M変異陽性肺がんに対するオシメルチニブ+ベバシズマブ併用療法の第2相試験

『Efficacy of Osimertinib Plus Bevacizumab vs Osimertinib in Patients With EGFR T790M–Mutated Non–Small Cell Lung Cancer Previously Treated With Epidermal Growth Factor Receptor–Tyrosine Kinase Inhibitor West Japan Oncology Group 8715L Pha…

やはり効果は乏しいか…エクソン20ins変異に対するオシメルチニブ62例の報告

『Osimertinib for Chinese advanced non-small cell lung cancer patients harboring diverse EGFR exon 20 insertion mutations』(Lung Cancer 2021;152:39)より まとめ EGFR Ex20Ins変異のある非小細胞肺がんに対するオシメルチニブの奏効率は6.5% 要約…

【Medical Tribune連載 第35回】日本人データも出ました!ALK陽性既治療肺がんでのブリガチニブ

医療情報サイト『Medical Tribune』に記事を寄稿しました。 ALK陽性既治療肺がんでのブリガチニブ 第35回の論文レビューに選んだ論文は 『Brigatinib in Japanese Patients With ALK-Positive Non-Small Cell Lung Cancer Previously Treated With Alectinib…

やっぱアファかオシメか・・・EGFRアンコモン変異陽性非小細胞肺がんの実臨床

『Treatment of Patients With Non-small-cell Lung Cancer With Uncommon EGFR Mutations in Clinical Practice』(Anticancer Res 2020;40:5757)より まとめ アンコモン変異のあるEGFR陽性非小細胞肺がんでは第2世代EGFR-TKIが化学療法よりも長い生存と関…

【GioTag】EGFR陽性非小細胞肺がんに対するアファチニブ→オシメルチニブ治療の最終結果

『Sequential afatinib and osimertinib in patients with EGFR mutation-positive non-small-cell lung cancer: final analysis of the GioTag study』(Future Oncol 2020)より まとめ EGFR陽性非小細胞肺がんに対するGioTag療法の最終OSは37.6カ月 要約 …

【CodeBreak100】KRAS G12C変異を標的としたソトラシブ

『KRAS G12C Inhibition with Sotorasib in Advanced Solid Tumors』(NEJM 2020;383:1207)より まとめ KRAS G12C変異を標的としたソトラシブはグレード3/4の有害事象を11.6%が報告されたが、肺がんで32.2%、大腸がんで7.1%の奏効率を認めた。 要約 〇KRAS…

【CROWN】未治療ALK陽性肺がんに対するロルラチニブは良好な無増悪生存と頭蓋内病変への圧倒的な効果

『First-Line Lorlatinib or Crizotinib in Advanced ALK-Positive Lung Cancer』(NEJM 202;383:2018)より まとめ 未治療ALK陽性非小細胞肺がんでロルラチニブはクリゾチニブに比べ良好な無増悪生存期間と高い頭蓋内病変への効果を示した。 要約 〇ALKに対…

知らなかった!L858R変異は独立した脳転移のリスク因子

『Survival outcomes and symptomatic central nervous system (CNS) metastasis in EGFR-mutant advanced non-small cell lung cancer without baseline CNS metastasis: Osimertinib vs. first-generation EGFR tyrosine kinase inhibitors』(Lung Cancer…